阅读:4014回复:2

[语言文化](中日对照)日本的便当

楼主#
更多 发布于:2009-05-03 08:59
本帖最后由 dyy_ry 于 2009-5-3 09:00 编辑

日本では古くから弁当の習慣が起こり、他の諸国では例を見ないほどの発展を遂げていった。これは、日本で一般的に食べられるジャポニカ米が他国のインディカ米などと比べ、炊いた後冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つ故であるとされる。伝統的な日本の弁当は、ご飯と魚介類や肉料理などのおかずを主に、付け合わせとして梅干しなどの漬物を付ける。おにぎりや稲荷寿司などを詰めた弁当も人気が高い。弁当の具材は持ち運びがしやすい容器に入れられるのだが、その容器は「弁当箱」という名で呼ばれる。このような習慣は外国人の目にはしばしば日本独特の文化に映るようで、英語ではそのまま「bento」と呼ばれている。

      日本很早以前就有做便当的习惯,且以他国前所未有的速度快速发展。据说这是因为日本米和其他国家的长粒香米不同,日本米煮成饭,冷了之后仍然很好吃。日本传统的便当是,米饭、菜以鱼类肉类为主,以咸梅等酱菜作为配菜。另外加了饭团和稻荷寿司(油豆皮寿司)的便当也很受欢迎。便当是装在易携带的器具里的,装便当的盒子被叫作“便当盒”。这种习惯在外国人看来是能反映日本独特文化的现象,在英语里就直接叫做“bento”。


   昭和末期から平成の時代にかけて持ち帰り弁当専門店(通称:ホカ弁)やコンビニエンスストアが台頭し始めると、これらで販売される市販品の弁当を利用する者も増えていったが、元来の弁当はそれぞれの家庭で拵えていくものであり、これは日本の伝統的な家事の一つとして重要な位置を占めていた。明治時代になると鉄道駅で駅弁が売られるようになり、戦後はスーパーマーケットや前述の販売店などでも販売され始めたため、以後は事実上外販の弁当が利用者たちの主となっている。コンビニエンスストアに納入する弁当の製造工場は24時間体制で操業しており、多いものでは日産数万食にも及ぶ規模となっている。団体旅行や法事など、弁当に大量かつ一定の豪華さが要求されるような状況に向け、これらの製造に当たる仕出し料理店や料亭なども多い。

      从昭和末期开始到平成时代,便当专卖店和便利店开始兴起。虽然购买这些店里出售的便当的人日渐增多,但本来是每个家庭自己做便当,且制作便当已经成为日本传统的家务事之一,占有重要地位。到了明治时代出现了在火车站出售的车站便当。战后,超市和前面提到的便当专卖店等都有便当出售,之后购买外卖便当的人占了绝大多数。为二十四小时便利店供应便当的制作坊是二十四小时工作的,生产量多的时候能达到日产数万份的规模。团体旅行和作法事时需要大量便当,并且要求菜式高级。为此出现了很多做外卖的料理店和日本式饭馆。


     幕の内弁当など現在主流の弁当は、ご飯を主食として食べる日本古来の食習慣を反映している。特に決まった様式があるわけではないが、一つの典型的な例として4:3:2:1を比率とする分量で作られている。4はご飯である。3は魚または肉からなるおかず。2は野菜、1は漬物、またはデザートとなる。

   幕の内弁当(内盛饭团和简单菜肴的便当)等现在主流便当,反映了日本自古以来以米饭为主食的饮食习惯。虽然没有特别规定便当的式样,但典型的例子是以4:3:2:1为比例制作的便当。也就是米饭、鱼或肉的做成的主菜、蔬菜、酱菜或甜点的比例为4:3:2:1 。

最新喜欢:

跨境电商运营iMjmJ.Com跨境电商运营...
沙发#
发布于:2009-05-05 07:51
金融危機の対策は家からお弁当を持ってオフィスへ行くことになった。
万年不上网
板凳#
发布于:2010-09-01 21:27
我喜欢这文章,thx for sharing
游客

返回顶部