阅读:3667回复:1

[语言交流]日语自学写作练习求指教

楼主#
更多 发布于:2012-02-06 23:29
求日语高手指教改正措辞语法等的错误之处。
 
国内の肝臓保護薬の市場に関する紹介



一、臨床の背景:

中国国内の肝疾患の罹患率が比較的高いので、患者の巨大な群体には、肝疾患治療薬の市場を生まれだ。過去10年間で、肝疾患治療薬市場に大きな変化を遂げているのは、国内で肝臓病の治療の分野の状況には深刻な影響を与えてきた。

1、肝疾患の治療の需要は成長している
中国ではB型肝炎ウィルス保持者が約12000万人で、まだ慢性肝疾患の患者は2000万人達成した、非常に多い患者は治療を受ける必要がある。一部の地域のサンプル調査によると、人口には高脂肪性肝疾患の発生率が4.2から11.4パーセントで、罹患人口が多いである。

医学の発展に従って、分子生物学やバイオチップやその他の先端診断技術を含む医学の診断技術が改善されると、医師と患者の肝臓関連の疾患に関する知識は強化されていて、肝疾患の診断率と治療率も上昇している。

社会·経済的な発展に伴い、患者は自分自身の健康と生活の質に関心が高まり続けると、肝臓疾患に対する治療の需要が急増する。研究では胃腸の不快感、疲労感、口渇、睡眠障害などような肝臓病特有の症状に除いて、慢性肝疾患の患者の生活の質のスコアは、一般人口のそれより顕著に低かったことを示唆している。臨床症状などによって引き起こされる抑うつ、怒りや他の心理的な問題は、スコアを下げるための重要な理由である。

2、一般的な肝疾患治療薬は欠点がある
近年、一般的な肝疾患の治療剤、例えばウイルス性肝炎に対する抗ウイルス剤や脂肪肝疾患に対する脂血症治療剤などは、いくつか欠点があ、臨床医と患者に多くの問題をもたらしたから、満たされていない医療ニーズ非常にたくさんあ

たとえば、肝疾患の治療は、しばしば長い時間を持続させて、ウイルス性肝炎を治すことは、いつも非常に困難だし、長期的な化学療法はいつも必要がある。抗ウイルス治療は50週間以上にわたるコースが必要なので、その時期には患者は肝疾患の症状によって引き起こされる痛みに耐えなければならない。

次に、抗ウイルス薬への耐性は常に果たしてこのようなラミブジンなどへの耐性は、無効な治療と患者の状態が突然悪化することが起きるそうだ。臨床指標がない患者は、抗ウイルス治療を受けることはできませんが、病気の寛解のために対症療法を受ける必要がある。

さらに、いくつかの薬物は肝薬物代謝酵素によって代謝されて、 肝臓の負担を増加させ、肝臓への新たな被害をもたらす可能性がある

3、肝臓保護薬の治療上の価値
臨床医学の発展と肝臓保護薬のメーカーの持続するプロモーション活動に従って、肝疾患の臨床専門家は肝臓保護薬に関する知識を変更された最新の専門家のコンセンサスと臨床医のフィードバックによると、肝臓保護薬治療上の価値は徐々に認可されている

1)肝臓保護薬のいくつかの肝疾患に直接的な効果
例えば、様々なタイプの脂肪性肝疾患に対する肝臓保護薬は、直接肝臓で脂肪の代謝を促進し、脂肪肝疾患の原因を取り除くことができる。再び、ポリエンホスファチジルコリンは肝細胞へのウイルスの付着を軽減しできるので、ウイルス性肝炎の進行を遅らせる臨床価値がある。

2)肝機能回復の促進と患者の痛みの軽減:
社会·経済的な発展に伴い、患者は自分自身の経験と生活の質に関心が急速に増加している。肝臓保護薬は、患者の症状を緩和するだけでなく、自分自身の経験と生活の質を改善して、患者が正常な社会的機能を実行する能力を回復に役立つ。

3)その他の肝疾患治療薬の欠点の克服:
いくつかの肝臓保護薬と併用するのは、他の肝疾患治療薬の副作用を軽減し、患者の耐性を増加して、その治療薬の効力を増やすことできる。それは客観的に患者の総体の状況を改善することに有利だ。

しかし、肝臓保護治療領域には一般的に広く受け入れられて承認された理論が存在しないので、肝臓保護薬の各メーカーは、自社製品の理論を推進して、例えば正大天晴(CTTQ)は別グリチルリチン酸マグネシウム(天晴甘美)が複数の経路で肝臓を保護することができることを強調していて、それらの製品は病院である程度受け入れられていた。それを通じて、様々な肝臓保護薬の臨床価値は徐々に専門家によって認識されていて、また強力な総体市場の急速な成長の基盤を築いた。

二、肝臓保護薬の市場の簡単な紹介:

1、全体的な傾向
肝疾患の治療薬は、"肝臓保護薬" "抗ウイルスと免疫調節剤""肝性昏睡の薬" "漢方と他の肝疾患の薬" "利胆薬(肝臓関連)"などに分けることができ。病院でサンプル調査によって推定されて、2007年には全国各地の病院で肝疾患治療薬の市場規模は約RMB127元で、そして2008年にRMB146元で、昨年と比べて15.2%増となった。

それらには、肝臓保護薬成長は特に注目を集めた1999-2004年の年間成長率は15%以上であり2004年の総売上高は28.7億元2005年に31.2億元 2008年、肝臓保護薬の総売上高は70億元、合計肝疾患用薬の48.22の市場シェアを占めた。

2、ブランドの変更
近年、新製品は絶え間なく発売したので、市場で肝臓保護薬の主要なブランドの売上高はまたこっそり変更されている。 正大天晴(CTTQ)の天晴甘美(別グリチルリチン酸マグネシウム注射液)と武漢啓瑞(Wuhan QR)の瑞甘(アスパラギン酸オルニチン注射用)は最近、急速に成長していて、数年以内に肝臓保護薬の市場で主なブランドになった。

アボット社のTransmetil(アデノシルメチオニン注射用)とサノフィ·アベンティス社のEssentiale(ポリエンホスファチジルコリン注射液)は、銘銘一つ国内のジェネリック医薬品が発売したのに、元のメーカーはプロのプロモーションを駆動するわけで、売上高が成長を維持し、全体的な容量は拡大し続ける。

日本協和発酵だけ還元型グルタチオンの該当原料を提供することができるので、そこの市場ではいくつかのメーカーであり、競争は比較的緩やかである。現時点では、重慶薬友の阿拓莫蘭と復旦復双益健は、主要的な競い合っているブランドである上海国家生物医薬基地医薬販売会社を総販売代理とする復旦復双益健後ろから来て、リードしていた重慶薬友の阿拓莫蘭超えたり、単に工場出荷額だけX億元に達した。 

対照的に、チオプロニンやグリチルリチン酸二アンモニウムなどのいくつかの他の肝臓保護薬は、より多くの副作用に関するレポートと多いジェネリック医薬品の発売に引き起こされる激しい競争のために、売上高の伸びが遅くなる傾向がある。

最新喜欢:

跨境电商运营iMjmJ.Com跨境电商运营...
沙发#
发布于:2012-02-23 19:29
肝疾患治療薬の市場を生まれだ 语法错误

肝臓保護薬 不地道

建议先找写日文研究资料好好揣摩后动笔
内容估计日本人能看懂但不能达到医学专业水准。

个人建议
游客

返回顶部